たちばな台町内会館 青葉区たちばな台1-2-14 / たちばな台まちなかクラブ 青葉区たちばな台2-13-12
たちばな台町内会 みんなで安心・安全の町づくり

新着ニュースTopics

第14回ゆっくり散歩の会。千代田城の御城内と九段周辺

第14回ゆっくり散歩の会。千代田城の御城内と九段周辺

 

 

 4月12日(金)桜を訪ねて半蔵門から千鳥ヶ淵、千代田城内を経由して
靖国神社迄約3㎞散歩しました。前回の赤坂御用地から番町迄の続きです。

 

半蔵門駅 → 千代田城半蔵門 → 千鳥ヶ淵 → 乾門 → 北桔橋門 → 北の丸公園
 → 田安門 → 靖国神社 → 九段下駅

 

 旧甲州街道は四谷見附を起点とし、甲州を経由し中山道迄の道程でした。 参勤交代では諏訪の高島藩、伊奈の高遠藩、飯田藩の3藩がこの街道を 往来していました。   
 現在の国道20号線は国道1号線(桜田通り)を起点とし半蔵門前を左折し四谷見附を経由し長野県の国道19号線まで繋がっています。
 さて、半蔵門の名称には諸説がありますが、御庭番の服部半蔵の屋敷が門前に在った為と言われています。現在は皇居の通用口になっています。
 千鳥ヶ淵の絶景ポイントを通過し、天皇・皇后両陛下が4月7日(日)にお忍びで散策された北桔橋門、乾門を経由し北の丸公園の武道館(東京オリンピックの為増改築中)を横目に見て、田安門を出て、靖国神社を参拝し、境内の桜開花標準木から九段下迄の行程です。 
 

 桜の満開時期には若干遅れましたが、桜花が残っていて花筏が見られ十分に花見が楽しめました。千代田城内の歴史遺跡を散歩し、海鮮料理で乾杯し全員元気で帰って来ました。

1.半蔵門

1.半蔵門

 

2.千鳥ヶ淵から東京タワーと議事堂を望む

2.千鳥ヶ淵から東京タワーと議事堂を望む

 

3.靖国神社の拝殿と本殿

3.靖国神社の拝殿と本殿

 

4.桜開花の標準木

4.桜開花の標準木

 

5.桜咲く靖国神社
5.桜咲く靖国神社

第29回コンペを実施しました

第29回コンペを実施しました

3月13日水曜日、御殿場の富士カントリークラブにて
初参加一人を含む14名でのプレーとなりました。
本年度第1回となります。今回より部員同士での車の乗り合わせを
メンバーの高齢化、安全への配慮、運転者の負担減等考え、運転者付のバス
貸切により実施と致しました。
当日は誠に晴天で、富士山に珍しい傘雲がかかっておりました。
但し風が少し強く、スコアメイクに苦しむ一日となりました。
結果として、上位1位~4位がシルバーティよりプレーした高齢者が
独占となりました。
プレー終了後、快適なバスにて帰着しまちなかクラブにての表彰会、2次会と
無事終了致しました。
本年3名の新しい仲間を迎えました。より多くの仲間と本年も楽しいゴルフ部活動を
目指します。入部ご希望の方、御連絡下さい090-8931-0106澤田まで
第30回はコンペとしては初めて、千葉のアクアラインゴルフクラブで4月26日に
実施致します。

1月12日(土曜日)ドンと焼き

1月12日(土曜日)ドンと焼き

初雪の日の中、第4公演で昨年に続き「どんと焼き」が開催されました。会場には約300人を超える皆さんにご来場頂き有難うございました。会場では「おしるこ」と「焼いも」がふるまわれ、赤いほっぺの子供たちが輝いていました。

写真 2019-01-12 11 01 51

カラオケ部11月定例会(忘年会)

カラオケ部11月定例会(忘年会)

カラオケ部は11月28日(水)本年度の忘年会を兼ねた定例会を行いました。
会場は「カラオケハウス銀の夢・藤が丘店」です。
12:00~16:00迄、たっぷり4時間、唄ったり・飲んだり・食べたり・喋ったり
・笑ったりして、参加者(10名)全員が和気あいあいと楽しい時間を過ごしました。
————
唄うことは、健康長寿と認知症予防に効果が有ると言われています。
日頃、練習をしてオシャレをしてスーパースターになり、お立ち台に立って成果を
発表する事は生きがいに繋がります。
又、仲間達と飲食をしてお喋りをすることは、精神衛生上大切な事なのです。
是こそ「今日行く」「今日用」になるのです。
事実、たちばな台町内会カラオケ部の皆さんは全員が元気はつらつとしています。
————
カラオケ部では、定例会を毎月第4週に開催しています。
現在、若干名の部員を募集しています。
入部ご希望の方は、長野商事(長野スタンド)へお申し込み下さい。
皆さん、お待ちしております。
————
                             (記者:M,Inaba)


カラオケ部の皆さん

カラオケ部の皆さん

カラオケ部長

カラオケ部長

鴨一小地域防災拠点運営委員会と本校の児童教育活動

鴨一小地域防災拠点運営委員会と本校の児童教育活動

11月24日(土)本年度の第2回運営委員会が開催されました。
9月1日(土)に実施した地域総合防災訓練の課題と改善について確認を行いました。
(1)防災訓練参加者は1,200名程度。多数参加者の対処方法
(2)本校児童の総合防災訓練教育の将来を見据えた基本的な考え方
 【本校児童の地域総合防災訓練は、下記のとおり教育活動と位置付けの基に教育・学習
し、鴨志田中学校へ送り出す。児童・生徒は将来必ず地域のお役に立つ】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★『よこはま地震防災市民憲章』
  → 自助、共助の大切さ 「地域の防災力」
→ 避難生活では、子供たちの力も借りて一緒に拠点運営を行う(「行動指針」より)
    【事例】熊本地震、北海道胆振東部地震
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★『本校の教育活動』
  地域連携
  ①地域総合防災訓練の実施や地域行事への参加、学習サポート依頼などによって
   地域と連携し、教育活動の理解と充実を図る。
  ②学校運営協議会で話し合われたことを教職員で共有し教育活動に生かしていく。
   また、学校だよりなどでその活動を周知し、地域と連携して教育活動を行う
   大切さを伝えていく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★『本校における地域総合防災訓練の位置付け』
●1年生:地域総合防災訓練の存在を知る。地域住民との交流を図る。
—————
●2年生:地域防災総合訓練の存在を知るとともに、その中身について興味・関心をもつ。
—————
●3年生:地域防災総合訓練が行われている意義を認識するとともに、そこで行われている
      具体的な活動内容を理解する。
—————
●4年生:社会科での警察や消防署、水道などの学習と関連させ、災害時には地域社会に
      おいて普段は行政等により行われているライフラインの確保を地域住民自らが
      行わればならないことを認識する。
—————
●5年生:災害時におけるライフラインの確保に向け、大人だけではなく、自分たち子ども
      も地域の一員として活動しなければならないことを自覚し、具体的に自分自身が
      動いている姿をイメージする。
—————
●6年生:災害時に実際に地域住民の一員として活動するため、訓練中に各ブースにて活動
      している大人や中学生の姿を見ることで、知見を得るとともに、次年度以降への
      自覚を高める。

 

鴨一小防災拠点 運営委員会
鴨一小防災拠点 運営委員会

千代田城の外堀御城内と赤坂御用地周辺へ行ってきました

千代田城の外堀御城内と赤坂御用地周辺へ行ってきました

 11月14日(水)爽やかな一日、赤坂見附から迎賓館周辺、四谷見附、番町、麹町、半蔵門迄約3㎞散歩しました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
永田町駅 → 弁慶橋 → 清水谷公園 → 紀尾井ホール → 喰違見附 →
迎賓館 → 赤坂御用地→ 明治記念館 → 南元町坂 → 学習院初等科 →
四谷見附 →上智大学 →雙葉学園→ 東郷公園(東郷坂)→ 女子学院 →
日テレ・スタジオ → 半蔵門駅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 江戸城は36か所の見附(御門)が有りました。四谷見附は旧甲州街道の起点で、甲州を経由して駿府、三河、尾張へ通じています。現在の国道20号線は四谷見附跡から半蔵門に突き当たり、右折して国道246号線と合流し国道1号線に通じています。
 赤坂御用地の周辺には学習院初等科、迎賓館、明治記念館、東京神社庁等が点在しています。
四谷見附御門内は、尾張徳川中屋敷(上智大学)、町人街区(麹町)、直参旗本屋敷街区(番町)が有り、番町は現在も町割り街区の名残が残っています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
都心とは思えない程、空気がきれいな街区を散歩し、中華料理で乾杯し全員元気で帰って来ました。

 

学習院初等科

学習院初等科

 

迎賓館

迎賓館

 

四谷見附

四谷見附

 

女子学院

女子学院

  

雙葉学園

雙葉学園

 

中華料理店

中華料理店

 

第28回ゴルフコンペを実施致しました

第28回ゴルフコンペを実施致しました

11月7日水曜日。相模湖カントリーにおいて本年度最後のコンペを実施致しました。

5組19名(内女性2名)の参加です。

当日は前日からの雨が未明まで残り心配いたしましたが、コース内や、周辺の山々の

少し色ずく紅葉の中、秋を感じつつの1日でした。

然し、コース内には、先日の台風による倒木や折れてしまった木々も多くまだそのままの状況が見られ、台風の脅威を感じる光景でした。

コンペ競技は、女性部員の初優勝!にてまちなかクラブにての表彰会も大盛り上がり、本年最終行事終了となりました。

来年は1月総会兼新年会を実施し、3月からのコンペスケジュールや新ハンディ等検討し、活動4年目を迎えます。又来年楽しく、なごやかなコンペとなりますよう、ご参加宜しくお願い致します。本年もご参加有難うございました。

第27回コンペを実施致しました

第27回コンペを実施致しました

10月26日(金曜日)八王子の武蔵野ゴルフクラブで4組16名の参加でした。
当クラブは約60年前の昭和35年開場で武蔵野丘陵にあります。
昭和35年ごろからゴルフがサラリーマンもプレーするようになってきた時期で
そのころから多くのゴルフ場がオープンしました。
当ゴルフ場にはアーノルドパーマー(若い人は知らないかも)が来場しプレーしたようです。
さて、我々のコンペはコースまで約1時間と近く、天気も良く、クラシックなコースを楽しみ
無事終了!
何時もどうりのまちなかクラブでの表彰会、2次会もおおいに盛り上がったしだいです。
本年コンペも来月11月7日(水)の相模湖カントリーにて終了となります
5組19名でのプレーを予定いたしています。
                     以上

大山へ行ってきました

大山へ行ってきました

10月27日(水)秋晴れの一日、大山寺(おおやまでら)と阿夫利神社へ行ってきました。前回の散歩では旧大山街道起点の赤坂見附(江戸城・外堀御門)を散歩しましたので今回はその終点の
大山です。
健脚者は女坂から大山寺経由阿夫利神社下社迄の登山コース、一般者はケーブル乗車コースの約3㎞です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
伊勢原駅 → バス停大山 → 独楽参道(土産店街)→ ケーブル駅 → 女坂 → 雨降山大山寺 →
阿夫利神社下社 → 土産店街 → 大山豆腐料理『ねぎし』 → バス停大山 → 伊勢原駅
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ケーブル駅を出発し大山寺経由阿夫利神社下社迄の女坂歩きコースは女坂の七不思議が有ります。雨降山大山寺は阿夫利神社の別当寺(神寺Or神宮寺)で、本尊は鉄造の不動明王です。江戸期には高幡不動、成田不動と共に関東の三大不動に数えられていました。
阿夫利神社の御祭神は大山祇大神(山の神)と高おかみ神(水の神)、大雷神(火の神)の三柱です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
天候に恵まれ、それぞれの体力に応じたコースを散歩しました。大山寺と阿夫利神社では健康長寿と夫々の御縁を祈願し、大山豆腐で乾杯して全員が機嫌良く帰って来ました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回の予定は、赤坂御用地周辺、迎賓館、四谷見附(江戸城・外堀御門)、番町、麹町、半蔵門周辺を散歩する予定です。

1.雨降山 大山寺

1.雨降山 大山寺

 

2.かわらけ投げ

2.かわらけ投げ

 

3.阿夫利神社下社から相模湾を望む

3.阿夫利神社下社から相模湾を望む

 

4.阿夫利神社下社

4.阿夫利神社下社

 

5.阿夫利神社上社 参道

5.阿夫利神社上社 参道

 

6.豆腐料理ねぎし

6.豆腐料理ねぎしa

 

「鴨一小・キッズクラブ」防災訓練

「鴨一小・キッズクラブ」防災訓練

10月29日(月)10時05分~ キッズクラブの防災訓練を行いました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎行動方針
『 守れ、自分の命 』 
  ~よく見て、聞いて、落ち着いて~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎想定
『震度5強の地震発生』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎行動確認
 1.上から落ちて来る物や倒れる物の下敷きにならないように大柱や卓球台に身を寄せる
 2.ガラス片や釘・瓦礫等で足を怪我しないように、靴を履く
 3.物に挟まれたり下敷きになったら最後まで諦めないで助けを呼ぶ。

それには大声や物を叩いたり   して居所を知らせる → 子供が先に死んだらパパやママが大変悲しむ  
 のお話が有り児童と職員で避難方法と経路を確認しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は本クラブ職員の予備訓練(行動確認)後の最初の本訓練でした。
今後も年間に数回、訓練を実施します。保護者各位には児童と大地震等発生時の行動確認をお願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
児童が家族に逸れた(はぐれた)場合は
【学校に来て保護者が迎えに来るまで待つ。委員が校門を開いてくれるので絶対に他へ行かない】
と確認しました。児童の引き取り迄、防災拠点委員や地区住民が面倒を見ます。これは本校の児童にも常に教えてあります