たちばな台町内会館 青葉区たちばな台1-2-14 / たちばな台まちなかクラブ 青葉区たちばな台2-13-12
たちばな台町内会 みんなで安心・安全の町づくり

ニュースTopics

防災訓練のお知らせ

鴨一小地域防災拠点運営委員会と本校の児童教育活動

鴨一小地域防災拠点運営委員会と本校の児童教育活動

11月24日(土)本年度の第2回運営委員会が開催されました。
9月1日(土)に実施した地域総合防災訓練の課題と改善について確認を行いました。
(1)防災訓練参加者は1,200名程度。多数参加者の対処方法
(2)本校児童の総合防災訓練教育の将来を見据えた基本的な考え方
 【本校児童の地域総合防災訓練は、下記のとおり教育活動と位置付けの基に教育・学習
し、鴨志田中学校へ送り出す。児童・生徒は将来必ず地域のお役に立つ】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★『よこはま地震防災市民憲章』
  → 自助、共助の大切さ 「地域の防災力」
→ 避難生活では、子供たちの力も借りて一緒に拠点運営を行う(「行動指針」より)
    【事例】熊本地震、北海道胆振東部地震
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★『本校の教育活動』
  地域連携
  ①地域総合防災訓練の実施や地域行事への参加、学習サポート依頼などによって
   地域と連携し、教育活動の理解と充実を図る。
  ②学校運営協議会で話し合われたことを教職員で共有し教育活動に生かしていく。
   また、学校だよりなどでその活動を周知し、地域と連携して教育活動を行う
   大切さを伝えていく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
★『本校における地域総合防災訓練の位置付け』
●1年生:地域総合防災訓練の存在を知る。地域住民との交流を図る。
—————
●2年生:地域防災総合訓練の存在を知るとともに、その中身について興味・関心をもつ。
—————
●3年生:地域防災総合訓練が行われている意義を認識するとともに、そこで行われている
      具体的な活動内容を理解する。
—————
●4年生:社会科での警察や消防署、水道などの学習と関連させ、災害時には地域社会に
      おいて普段は行政等により行われているライフラインの確保を地域住民自らが
      行わればならないことを認識する。
—————
●5年生:災害時におけるライフラインの確保に向け、大人だけではなく、自分たち子ども
      も地域の一員として活動しなければならないことを自覚し、具体的に自分自身が
      動いている姿をイメージする。
—————
●6年生:災害時に実際に地域住民の一員として活動するため、訓練中に各ブースにて活動
      している大人や中学生の姿を見ることで、知見を得るとともに、次年度以降への
      自覚を高める。

 

鴨一小防災拠点 運営委員会
鴨一小防災拠点 運営委員会

「鴨一小・キッズクラブ」防災訓練

「鴨一小・キッズクラブ」防災訓練

10月29日(月)10時05分~ キッズクラブの防災訓練を行いました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎行動方針
『 守れ、自分の命 』 
  ~よく見て、聞いて、落ち着いて~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎想定
『震度5強の地震発生』
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
◎行動確認
 1.上から落ちて来る物や倒れる物の下敷きにならないように大柱や卓球台に身を寄せる
 2.ガラス片や釘・瓦礫等で足を怪我しないように、靴を履く
 3.物に挟まれたり下敷きになったら最後まで諦めないで助けを呼ぶ。

それには大声や物を叩いたり   して居所を知らせる → 子供が先に死んだらパパやママが大変悲しむ  
 のお話が有り児童と職員で避難方法と経路を確認しました
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回は本クラブ職員の予備訓練(行動確認)後の最初の本訓練でした。
今後も年間に数回、訓練を実施します。保護者各位には児童と大地震等発生時の行動確認をお願いします
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
児童が家族に逸れた(はぐれた)場合は
【学校に来て保護者が迎えに来るまで待つ。委員が校門を開いてくれるので絶対に他へ行かない】
と確認しました。児童の引き取り迄、防災拠点委員や地区住民が面倒を見ます。これは本校の児童にも常に教えてあります

鴨一小地域総合防災訓練報告と防災の備え

鴨一小地域総合防災訓練報告と防災の備え

9月6日(水)震度7の北海道地震が発生しました。各位には電気、ガス、水道の供給が停止した場合を想定してその対応と備蓄品の点検をお願い致します。
――――――――――――――――――――――――――――――――
9月1日(土)10時30分より鴨志田第一小学校地域防災拠点で総合防災訓練が行われました。参加数は学童、生徒、保護者、自治会役員、地区住民を合わせて約1、000名程度でした。
大災害発生時は安否確認が最初の活動事項になります。住民が安否確認して、隣・近所同士で互いに助け合うことが重要なのです。
本拠点では安否確認ツールとして『無事です 札』を自治会・町内会員に全戸配備してあります。
今回の訓練で『無事です 札』の掲示率は 544/1186≒46%でした。掲示率アップと隣近所助け合い作りに御協力願います


(株)青葉防災 水戸社長の防災解説

(株)青葉防災 水戸社長の防災解説

ノロウイルス対策
ノロウイルス対策
レオ動物病院院長堀川先生の解説
レオ動物病院院長堀川先生の解説
安否確認(紙対応)
安否確認(紙対応)
消火器訓練
消火器訓練
本部
本部

【鴨志田第一小学校】H30年度防災訓練のお知らせ

【鴨志田第一小学校】H30年度防災訓練のお知らせ

                                                                 平成30年8月吉日
 地域防災拠点 各位
                                              鴨志田第一小学校地域防災拠点運営委員会

                               防災訓練のお知らせ

平素より本拠点防災活動にご理解とご尽力を賜り厚く御礼申し上げます。
今般、『無事です』札(以下札と呼称)を安否確認方法の一環として拠点内の町内会・自治会員全戸1,300戸 に配備致しました。各位には防災訓練で札を掲示願います。自治会・町内会の調査員が札の掲示状況を確認に参りますので御協力の程、宜しくお願い申し上げます。
さて、標題の大地震を想定した防災訓練は下記のとおり実施致しますので見学・体験をお願い致します。
尚、今夏、西日本豪雨災害が発生しました。本拠点も同様な事象を想定し対処する必要が有ります。本防災拠点の開設は大地震や風水害、土砂災害、大規模火災等に適用致します。

—————————————————————————————–

                               記

1. 日付     平成30年9月1日(土) 
2. 時間     10:30am  雨天決行
3. 場所     鴨志田第一小学校
4. 主な訓練内容    
  ① 『無事です』札 による安否確認と掲示訓練 (対象:全戸)
    ・8:30am 迄に提示願います。自治会・町内会委員が掲示数を確認

『無事です札』 掲示
  ② 今回はペットを受け入れます ← ペット参加可
   ・但しケージに入った犬、猫に限る
 20150623_211212000_iOS

③ 家庭用消火器の操作体験

鍛冶だ‼消火器操作訓練

④ 拠点備蓄品の配布 → 先着 飲料水150缶、乾パン150食
⑤ 炊き出しアルファ米の賞味 → 先着100食程度
⑥ 緊急給水栓の確認  

緊急給水栓

他10訓練 計16訓練

 

 

 

■ダンボールベット`組み立て

ダンボールベット`組み立て 

 

 

■安否確認票(紙票)による安否確認

安否確認票(紙票)による安否確認

 

■防災拠点体育館

防災拠点体育館

 

鴨志田第一小学校地域防災拠点の基本指針と防災計画

鴨志田第一小学校地域防災拠点の基本指針と防災計画

標題のとおり、本年度の活動を参照願います。 基本指針の 1.適用を風水害、土砂崩れ、大規模火災を文言追加しました 防災のバナーをクリックして「鴨志田第一小学校 地域防災拠点運営委員会」を参照願います。

 

■鴨一小防災拠点:右の写真

 

■防災倉庫

防災倉庫

鴨志田第一小学校地域防災拠点の防災活動

鴨志田第一小学校地域防災拠点の防災活動

 

   大災害時の初期対応は安否確認が重要な項目になります。各位の安否確認ができ、無事ならば後は共助、公助に引き継いで早期の復旧・復興の対処ができます。
    本拠点では安否確認方法の一環として『無事です 札』を拠点内の町内会員・自治会員全戸に1,250部配備しました。更にPTAと協働で本校の児童を通じて6年間で11学年、650部程度配布しましたので、非自治会員世帯へ若干の配備になっています。この事業は今後も継続します。

 
    ペットは家族と同様で孫や子供と同じ位に可愛いと申します。過去の災害の際には、自宅が居住困難となった場合に避難所に行かず、自動車や物置小屋、ビニールハウスで避難生活をしている人達の姿を目にしました。被災者のその様な思いを受け止めて本拠点ではペットを受け入れしました。
ルールは、
①ケージに入った犬、猫に限る
②拠点の建屋に入れない
③人とペットの安全と衛生に配慮する
「ペット飼育に関する同意書」に基づき、各自が自治的・自主的に運営する事です。尚、レオ動物病院堀川先生にペットに関する相談事や本拠点へのアドバイスをお願いしています。

 

本年度は従来の訓練項目に加え、更に以下の新規訓練を追加する計画です。
1.『無事です 札』の提示訓練
2.衛生防護措置(ノロウィルス等の感染症対策)
3.外国人の受け入れ

 

「無事です札」と防災活動の手引き

「無事です札」と防災活動の手引き

ペット受け入れ

ペット受け入れ

 

「鴨一小・キッズクラブ」消火器操作訓練

「鴨一小・キッズクラブ」消火器操作訓練

 

12月22日(金)10時30分~ キッズクラブ防災訓練の一環として消火器操作訓練を行いました。参加人員はキッズクラブのスタッフ全員12名です。

 

操作手順は
① 【火事だ!】大声で人を呼び周囲に知らせる
② 置き場から消火器を運び
③ 火傷をしないように火炎から2メートル程度離れて置く
④ 筒先を火元に向ける
⑤ 引き金のストッパーを外し
⑥ 引き金を握り、火炎の手前を狙いながら消火剤を吹き付ける
⑦ 火炎が天井に燃え移ったら消火するのが無理なので危険! 退避する

 

火災発生時は初期消火が大切です。常日頃から消火器置き場を確認願います。発生時には慌てずに落ち着いて対処しましょう。
今後も年間に数回程度訓練を実施します。

訓練手順

訓練手順

 

消火器訓練

消火器訓練

 

 

 

 

 

鴨一小地域総合防災訓練

鴨一小地域総合防災訓練

   9月2日(土)10時30分より鴨志田第一小学校地域防災拠点で総合防災訓練が行われました。朝からの雨模様の中、各班(各係)12班に分かれて訓練内容を確認しました。

    鴨志田中学校生徒は訓練内容を理解して自発的に各班の訓練ができる様になりました。生徒達は頼もしくなりました。生徒の訓練参加事業は回を重ね、訓練参加人員は8学年になりました。最初(最上級生)の参加者は社会人(大学2年生)になっています。彼らは地域の困り事は必ず若い力で対処してくれると思います。生徒の皆さん宜しくお願いします。

    尚、今回の新しい試みは、下記のとおり

1.ペット同行避難でのペットの受け入れ

2.レオ動物病院の堀川歴央先生との相談会

3.支え合いカード対象者全員に「無事です札」を配布して、各戸を訪問して安否確認の実施

 

ケージに入ったペット

ケージに入ったペット

レオ動物病院  院長堀川先生

レオ動物病院  院長堀川先生

安否確認

安否確認

緊急給水栓

緊急給水栓

鍛冶だ‼消火器操作訓練

鍛冶だ‼消火器操作訓練

ダンボールベット`

ダンボールベット`

 

 

鴨志田第一小学校地域防災拠点、総合防災訓練

鴨志田第一小学校地域防災拠点、総合防災訓練

平成29年8月吉日

各位

 鴨志田第一小学校地域防災拠点運営委員会

 

防災訓練のお知らせ

 

 下記のとおり鴨志田第一小学校地域防災拠点、総合防災訓練を実施致します。

1. 日付     平成29年9月2日(土) 

2. 時間     10:30am  雨天決行

3. 場所     鴨志田第一小学校

4. 主な内容    

     ① 今回はペットを受け入れます ← ペット参加可

   ・但しケージに入った犬、猫に限る(若干数のケージ借用を行政と調整中)

   ・11:30am頃よりレオ動物病院長様との相談会。当日受付

  ② 安否確認(紙表示)の参加

  ③ 特設公衆電話での通話体験、家庭用消火器の操作体験

  ④ 炊き出しアルファ米の賞味 → 先着100食程度

  ⑤ 拠点備蓄品の配布 → 先着 飲料水150缶、乾パン150食程度

  ⑥ 避難場所の確認(西棟2F鴨志田町、3Fたちばな台、4F若草台)

  ⑦ 防災倉庫備蓄品、給水栓、発電機、等の確認見学

 

以上

 

印刷用PDFはこちら→ℎ29鴨一防災訓練

鴨志田第一小学校地域防災拠点運営委員会

鴨志田第一小学校地域防災拠点運営委員会

 

6月10日(土)10:00am~鴨志田コミニュティハウスにて、本年度の鴨志田第一小学校地域防災拠点運営委員会が行われました。

委員27名にて、本年度の活動計画、防災訓練等の審議を行いました。

本年度の防災訓練は9月2日(土)10:30~実施されます。

体験訓練 → 安否確認、特設公衆電話、家庭用消火器操作、アルファ米賞味

新規訓練 → ペット受け入れとペット病院長の指導、要支援者の安否確認

多数の参加体験をお願いします

本年度の活動計画、基本指針、備蓄品等の詳細閲覧は、

【こちら】防災→鴨志田小学校防災拠点  で参照願います

 

 

 

1 / 3123